はじめに

あなたはEGFという成分を耳にしたことがありますか?

 もしかしたら、美容に高い関心を持っている方ならご存知かもしれませんね。 

最近では化粧品の有効成分として配合されることが多くなったEGF。

化粧品を選ぶ際に注意してみてみると、「話題の成分EGF配合」や「アンチエイジングにEGF!」などのキャッチコピーが目に入ると思います。

聞いたことがないと、一体どんな効果があるのか分からず手に取りにくいことはありませんか?

そして、ついつい知っている有名な成分コラーゲンなどを選んでしまうことも。 

もしあなたが今の話に当てはまるのなら、是非EGFについて見解を深くしてみてください。

万能な成分EGFは賢く日常生活に取り入れることで、今までにない素晴らしいスキンケア効果を実感できるかもしれませんよ。

 EGF

EGF(イージーエフ)とはEpidermal Growth Factor(エピダーマルグロースファクター)の略の呼称であり、上皮成長因子です。(または上皮増殖因子、上皮細胞成長因子、上皮細胞増殖因子)

 about_egf.gif
1962年、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見され、博士は hEGF の配列識別とその機能のパイオニアとして、1986年にノーベル賞を受賞しました。

EGFは、火傷による皮膚移植や角膜切開による傷の回復促進などの目的に医療の分野で幅広く使用され、かつては1gあたり8,000万円もするほどの高価な成分でした。

その後研究が進み、日本では2005年秋には厚生労働省によって化粧品使用の認可がおり、EGF成分を配合したスキンケア製品が誕生しました。

この際、正式に全成分表示「ヒトオリゴペプチド-1」として登録されたのです。


ポイント

  •  年齢を重ねるにしたがってEGFの分泌量は減少し、細胞の再生が遅くなり、ターンオーバーの周期もどんどん遅くなり肌が老化していきます。

そこでこのEGFを 肌に補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、 皮膚細胞の新生を促すことができるのです。

名前が表すとおり、肌の新陳代謝の活性化、つまりターンオーバー促進作用があります。

人間が本来もっている肌細胞の再生能力をひきあげる、ターンオーバーを正常化させるものがEGF単体の効果です。

その作用により、顔のしわやしみ、たるみが改善されると言われています。

 まとめ

耳にしてはいるけれど、実態がよく分からない美容成分は多いと思います。成分について学んでいき、化粧品類を購入する際の目安や知識にしていきましょう!

 lineup_detailb_egf.jpg
参考: