はじめに

「気をつけていても、シミやシワが出来てしまう・・・」 
 1-C-TOY473.jpg
それって本当にシミやシワ用の対策ができているのでしょうか? 


注意

  • 実際アンチエイジングの一環でシミ・シワ対策を行っている方は多くいらっしゃいますが、それでもシミ・シワが出来てしまうとしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

どうしてシミやシワが出来てしまうのかを知り、自分自身に合ったシミ・シワ対策を行うことで本来の対策が出来るはず。 

 シワの種類

一言に『しわ』と言っても、原因別にタイプ分けすると6つあります。

  1. 紫外線じわ
  2. 乾燥しわ
  3. 表情じわ
  4. 老化じわ
  5. 痩せしわ
  6. スキンケアしわ
この中の紫外線じわを詳しく解説していきます。
 illust-1.jpg

 表情じわ


額部、目のまわり、口元などを動かすとしわができたり、眉間にしわを寄せるなどのくせがある方にあてはまります。

表情をつくるということは、筋肉が動くことであり喜怒哀楽を作る表情筋の動きに合わせ、筋肉と垂直にしわが生じます。
 6-Simple-and-Best-Natural-Beauty-Tips-To-Get-a-Beautiful-Look-3.jpg

ポイント

  • 例えば、眉間のしわは、しかめる表情でできる皺眉筋、鼻根筋などです。 

注意<表情じわの予防>

  •  偏った筋肉を動かすのではなく、普段動かしていない筋肉をトレーニングすること。不必要な筋肉を動かさないように、ストレスやイライラを溜めないようにすることが大切です。


 老化じわ


筋トレをほとんどしない方、顔全体が重力にひっぱられたるんでいるかたなど。

顔の筋肉は皮膚や脂肪などを支える大切な役割です。

加齢や顔の筋肉を動かさないで無表情な生活を続けていると筋肉が老化・退化します。

 shiwa_genin_L.jpg

ポイント

  • 細胞の正常なターンオーバーに戻すためにも健康的な生活を試みてスキンケアではレチノールの成分が入った美容液などを使用するのもお勧めです。

まとめ

知っているようで知らないシミ・シワの実態。あなたの対策方法は合っていましたか?

もし間違っていたのなら、一刻も早く正しい方法を取り入れて、健康的な美しい肌を保てるよう取り組みましょう。

 c01800e2fed8c80c0cb2f8815f0b2e38.jpg
参考: