はじめに

美肌に欠かせない美白。

シミがあるとどんなにキレイな肌でも、美肌とはいえません。

そんな憎きシミについて解説していきます。

 illust-1.jpg

 しみ

しみの種類には、
  • 肝斑
  • 炎症後色素沈着
  • 老化によるしみ
  • 雀卵斑(そばかす)
などがあげられます。

自然に軽快するものから、化粧品である程度薄くなるもの、美容皮膚科施術を必要とするものなどがあります。

しみ・そばかすの元になる「メラニン」は、表皮の一番下の基底層にある色素細胞が紫外線などの刺激を受け、活性化することでつくり出されます。

元々メラニンは、紫外線から体を守る働きをするものですが、紫外線を浴び過ぎると過剰につくられてしまいます。

色素細胞が活発に働き始めると、紫外線を浴びていなくてもメラニンをつくり続けるので、放っておくとしみ・そばかすが濃くなってしまうのです。

肌老化の原因は、
  • 光老化や細胞の酸化
  • 肌の乾燥
  • 皮膚の菲薄化
です。


ポイント

  • 保湿、活性酸素の除去、紫外線対策、ターンオーバーの正常化などが予防となります。

レーザーや外用薬で除去することも可能です。 

肝斑は、ホルモンの影響によって両頬部や口唇部などに淡く左右対称に出現します。

生理周期によって濃淡の差が出て妊娠・出産を契機に増える方も多いです。

紫外線やこするなどの刺激も悪化要因です。

内服薬が基本となり、外用やレーザートーニングで薄くしていくという方法もあります。


注意

  • 化粧品では残念ながらなくなりません。

 炎症後色素沈着などは、やけどやかぶれ、かきこわしなどの炎症を起こした後に出来るもので、自然に時間の経過とともに消えるものも多いですが半年くらいかかる場合もあります。 

その他、脂漏性角化症(いわゆる老人性いぼ)をしみとする方が多いですが、これはターンオーバーの異常により角化した細胞がはがれおちずに盛り上がったものです。

紫外線などが原因になります。

液体窒素やレーザーなどで剥がれおちるように処置をするとポロっととれます。


注意

  • 化粧品では治りません。

 まとめ

シミが出来ないように対策を講じることが大切ですが、できてしまったシミは化粧品で治すことは難しいのが実態です。

医療機関にかかり、美肌を取り戻しましょう!

 bihaku.jpg
参考: