はじめに

紫外線や加齢など様々な要因によって顔の印象を老けさせてしまう二本のシワ、ほうれい線。

今回はその要因を掘り下げて「なぜ、ほうれい線の発生に結びつくのか」を詳しくご説明します。

夏場、太陽に愛されていたと勘違いして秋を迎えると、実は肌が攻撃されてシワシワになってしまったなんて笑えません。

 houreisen.jpg

あなたの肌を守るのはあなた自身です。

 ほうれい線が出現するメカニズム

ほうれい線が出現するメカニズムのキーワードは、

  • 肌の弾力性の低下
  • 表情筋の衰え
  • 乾燥
以上の三つです。

メカニズムに関わるそれらが発生する要因は、外的要因で言うと、

  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
内的要因で言うと、

  • 栄養バランスの偏った食生活
  • ビタミンC不足
  • コラーゲン不足
  • 運動不足
  • 睡眠不足
これらが挙げられます。 

今回は内的要因の食生活を取り上げて詳しく解説していきます。

 ほうれい線と食事の関係 


日々、体内に摂り入れるもので自身の体が作り上げられています。

栄養が偏れば不調を来たしますし、健康に気を遣った食事を心掛ければ元気な体が出来上がるのです。

 栄養バランスの偏った食生活は、ほうれい線が出やすい原因の一つです。


偏食等により体に栄養が十分に補給されなくなると、新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

また、肌の弾力性の保持に欠かせないコラーゲンは、年齢を重ねるとともに減少していくため、体外からの摂取やコラーゲンを生成するための栄養の摂取が必要です。

コラーゲンの不足は乾燥を招きかねませんし、肌のハリや弾力の低下が避けられません。これら栄養分を積極的に取り入れなければ、ほうれい線が出やすい肌環境にしてしまうのです。


ポイント

  • ほうれい線の予防や改善のために、肌の弾力を保つ栄養成分を摂り入れた食生活を送りましょう。

 Salmon-Meal.jpeg
積極的に摂りたい成分はコラーゲンです。

タンパク質の一つであるコラーゲンは肌に弾力や柔軟性を与え、肌の保水に働きかけるヒアルロン酸を支える役割があります。

コラーゲンの減少はヒアルロン酸の減少にも直結し、保水力さえも失いかねません。

ポイント

  • 牛筋肉、手羽先、フカヒレ、鮭、鰻などに含まれているコラーゲンは、鍋や煮るなどの調理方法がお勧めでしょう。スープや煮凝りを飲むことで効率的にコラーゲンを摂り入れられるからです。

そして、ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせず、吸収を促すため、コラーゲンと一緒に摂りたい栄養素です。


ポイント

  • 熱に弱いビタミンCですが、ブロッコリーは熱に強く調理に向いているでしょう。

 肌の主成分であるタンパク質も忘れてはいけません。

ポイント

  • 皮膚を構成するタンパク質は新陳代謝を促進し、肌の乾燥を防ぎます。秋刀魚、鶏のササミ、鮪や鰹の刺身などで、良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

上記以外にも、抗酸化作用があり、老化の防止に打って付けなベータカロチンを緑黄色野菜から摂ることや、活性酸素を除去するビタミンEなどの摂取も大切です。

 まとめ

栄養バランスに偏りがない食生活を心掛け、内面から老化を予防し、肌の弾力を保つことがほうれい線を作らない手段の一つなのです。
 img_hore_top.jpg
参考: