はじめに

生活習慣病の一つと言われている糖尿病。

特に、日本人は糖尿病になりやすい遺伝子素因を有しています。

あなたは糖尿病になりやすい環境素因を有していませんか?

今回は「糖尿病の治療方法」を詳しく解説していきます。

 1104170420541012.jpg

 糖尿病の予防に効果的な栄養成分

 tounyousyoku.jpg
  • 膵臓機能を高め、インスリン分泌を促進する働きがあるタウリン
  • インスリンを合成する際に欠かせない亜鉛
などがあり、特に積極的に摂取したい成分はアミノ酸です。

アミノ酸である
  • アルギニン
  • アスパラギン
  • ロイシン
  • イソロイシン
これらはインスリンの働きを高め、血糖値を低下させます。

分岐鎖アミノ酸の
  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
これらは基礎代謝を高め、脂肪の燃焼をサポートしますし、既出のアルギニンは単独でも糖化抑制作用があり、糖尿病予防に大変役立つのです。

糖尿病は、インスリンの不作用による糖質の代謝異常です。


注意

  • 放っておくと、合併症を引き起こしかねません。

合併症が併発してしまうと、健康状態を失うだけでなく、自己実現の機会の損失に繋がります。

予防する事ができる生活習慣病は、日頃の努力がモノを言うのです。