はじめに

アンチエイジングといえば、一番気になるのが皮膚ですよね。

見た目を左右する肌を若々しく保つために、そして悩んでいる肌トラブルから解消されるために。

ビタミンの中でも「皮膚のビタミン」として有名なビオチンについて、深く掘り下げたいと思います。
 illust-1.jpg

 アトピー性皮膚炎の症状緩和

人体にアレルギー物質が侵入すると、ヒスタミンという物質が体内で放出され、アレルギー反応を起こします。

その一種に、強い痒みや湿疹を引き起こすアトピー性皮膚炎があります。


ヒント

  • アトピー性皮膚炎では、アレルギーが原因で起こる場合、体内にアレルゲンというアレルギー反応を引き起こす原因物質が入ると、ヒスチジンという物質から合成される化学物質ヒスタミンが体内に放出されることで、アレルギー反応が起きます。

近年の研究から、皮膚のビタミンであるビオチンがアレルギー症状の原因であるヒスタミンの過剰分泌を抑え、ヒスタミンの原因となるヒスチジンを体外へ排泄することが分かってきました。

そのため、アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるされています。

そして、アトピー性皮膚炎患者の血液中のビオチン濃度はヒスタミンに対抗できるビオチン正常値に満たないケースが多く、ビオチンの大量投与によって、アトピー症状の改善が見られる場合があります。


また、乳幼児のアトピー性皮膚炎に至っては、乳幼児はビオチンの生産や吸収が成人と比べ低く、ビオチンが不足しやすい体内環境が原因だと言われています。

つまり、ビオチンの欠乏により、タンパク質の合成や免疫機能が低下し、皮膚や粘膜の健康維持が不安定になるからです。


【Question】アレルギー物質「ヒスタミン」とは?

  • ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種であるヒスタミン。体内に塵や埃、ダニなどのアレルギーを引き起こす物質が侵入すると、活性して放出されるアレルギー物質です。ヒスタミンが活性化すると、アトピー性皮膚炎のような皮膚炎や炎症を伴った痒みなどを引き起こします。

biotin.jpg
皮膚だけでなく、健康的な体を維持するために必要なビタミンのビオチンです。

参考: