はじめに

「 最近くびれがなくなってきた・・・」

「疲れやすきなってきた」

「肌のハリや潤いがなくなってきた」

そんなお悩みを持つ方はいませんか?

あなたの体の機能の低下が様々な日常生活での弊害をもたらしているのですが、この低下した機能を再び向上させるホルモンがあったら、あなたはどうしますか?

そのホルモンとは「成長ホルモン」

 illust-1.jpg

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は人が成長する上で欠かせず、そして一生を通して私たちの健康維持に関わる成長ホルモンについてお話します。

 成長ホルモンを分泌するための生活習慣

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、睡眠中と運動後の2つ。

常に分泌されているわけではなく、決まったタイミングがあるのです。


ポイント

  • 睡眠中:入眠後約30分で成長ホルモンの分泌量は高まります。
    運動後:適度な運動の後、3時間以内において成長ホルモンが分泌されます

つまりは、質の良い睡眠と適度な運動習慣が、成長ホルモンを分泌させる上で必ず必要となってきます。

しかし、激しい運動をする必要はありません。

15〜20分のウエイトトレーニングでも、成長ホルモンは分泌されるので、毎日の習慣が大事なのです。

また、成長ホルモンの分泌を促す食材がありますので、積極的に摂取することをお勧めします。

  • 大豆食品(納豆や豆腐など)
  • 魚介類
  • 肉類
  • ナッツ類
  • ごま
この食材に共通することは、アミノ酸の一種であるアルギニンが多く含まれているということ。

アミノ酸は細胞分裂(代謝活動)を行う上で必要不可欠な栄養素であり、特にアルギニンが成長ホルモンの分泌を活性化させる働きを担います。

カロリー計算をして、摂り過ぎに注意しながら、毎日の食生活に取り入れてみてください。

 まとめ

ある程度歳を重ねてきたら、健康面でも美容面でも嬉しい効果をもたらす成長ホルモンを投与するアンチエイジング法を取り入れてみる選択肢もあります。

 resize.jpeg

参考: