はじめに

「 最近くびれがなくなってきた・・・」

「疲れやすきなってきた」

「肌のハリや潤いがなくなってきた」

そんなお悩みを持つ方はいませんか?

あなたの体の機能の低下が様々な日常生活での弊害をもたらしているのですが、この低下した機能を再び向上させるホルモンがあったら、あなたはどうしますか?

そのホルモンとは「成長ホルモン」

 illust-1.jpg

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は人が成長する上で欠かせず、そして一生を通して私たちの健康維持に関わる成長ホルモンについてお話します。

 成長ホルモンとは


人間の体内に100種類以上存在するホルモンの中でも、「身長を伸ばすホルモン」として知られている成長ホルモン。

このホルモンは長い鎖状の191個のアミノ酸分子で、その分子量は22kDaです。


ポイント

  • 脳からの指令により脳の中央部に位置する脳下垂体前葉という部分から分泌されます。

その正式名称はヒト成長ホルモンであり、Human Growth Hormone、略称HGHと呼ばれています。

 02_img2.jpg
加齢とともに、その分泌量は低下します。

 img02.gif
思春期を100%とすれば、30〜40代ではその半分の50%、60代では30%程の分泌量になってしまうのです。

 まとめ

ある程度歳を重ねてきたら、健康面でも美容面でも嬉しい効果をもたらす成長ホルモンを投与するアンチエイジング法を取り入れてみる選択肢もあります。

 resize.jpeg

参考: