はじめに

健康に歳を重ねていく上で考えなくてはならないのが、必要な成分や物質のこと。

加齢とともに、分泌や生成が低下していくものが殆どです。

中でも、美しさを保つ上で欠かせない成長ホルモンの分泌に関わるアミノ酸、アルギニンは健康と美容の2つの鍵を握っています。

そんなアルギニンについて詳しく解説していきます。

 アルギニンとは


タンパク質を構成する天然成分の塩基性アミノ酸の一種、それがアルギニンです。

体内で合成が可能な非必須アミノ酸に分類され、肝臓にてアスパラキン酸とグルタミン酸から生成されます。


注意

  • しかし、体内で生成可能な量が十分とは言えず、常に分解と合成を繰り返す新陳代謝が行われるため、不足分を体外から摂取する必要があり、準必須アミノ酸とも呼ばれています。


特に子供の場合、体内でアルギニンを生成できる量が極めて少ない上に身体の需要量が多いため、食事などでの外部からの積極的な摂取が不可欠であり、発育期の子供には必須アミノ酸です。

 A2C2010-173975_000002_small.jpg
アルギニンは脳下垂体の働きに大きく関係し、体内における成長ホルモンの分泌促進・筋肉の強化・体内の活性化や免疫力の強化・精液の製造・血圧の安定やコレステロールの低下などに優れた働きをし、必要不可欠なアミノ酸です。

成長期の子供に限らず、

  • 生活習慣病の予防や免疫力を向上させたい人
  • 運動をする人
など、様々なニーズに応えることが出来る効能を持っています。

また、多様な働きを見せ、シャンプーなどに使用される、皮膚に優しい界面活性剤としても活躍しています。

しかし、このアルギニンは加齢や不規則な生活習慣により、体内のアルギニン量や働きが低下してしまいます。

代謝の促進をするアルギニンは、老化の緩和や美容、ダイエットにも強い味方なのです。

 110705-01.jpg
参考: