はじめに

時期に悩むのが、「ファンデーションをどうするか」ということ。

新作ファンデが登場する中で、自分に合ったファンデーションを見つけ出すのはなかなか手間と時間がかかります。

新しいファンデーションの効能を試すには一日つけてみないと実際自身に合っているか分かりませんからね。。

TPOやあなたのライフスタイルに合わせたファンデーション選びがし易くなることでしょう!

 ウォーターファンデーション

化粧水をつけているような感覚で、ベースメイクが出来るファンデーション。

それが、ウォーターファンデーションです。


ポイント

  • 水ファンデーションとも言われ、パウダーや乳化タイプのリキッド、クリームなどのファンデーションに含まれている油性成分が一切配合されていない点に特徴があります。

 images232.jpeg
液状のファンデーションであり、一般的にボトルに入っていることが多く、化粧水成分と顔料成分が二重構造になっている見た目もウォーターファンデーションならではでしょう。

使用する際は、化粧水の層と顔料の層が混ざり合うよう、容器をよく振ってから使います。

化粧水のサラサラとした触感を楽しめ、肌に塗った際には素肌でいるかのように軽く、サラッとした使い心地が実感できるはずです。


ポイント

  • 程よいカバー力で、薄付きなベースメイクが出来、透明感のあるナチュラルな肌が作れます。

油分を含まない特徴から、普通肌タイプはもちろんのこと、特に脂性肌タイプにはお勧めです。

ニキビや吹き出物などの肌トラブルを抱えている時は、無油分なウォータリーファンデーションが肌への負担を少なくしてくれるでしょう。
 ダウンロード.jpeg
ただし、乾燥肌では別問題です。

化粧水の潤いはあるものの、油分が全くないことで肌がかさついてしまうこともあり得ます。


注意

  • 乾燥気味の場合でも、仕上がりにムラが出来てしまいやすく、使用には注意が必要です。

また、汗や皮脂に強くなく、崩れやすい傾向があり、化粧直しも簡単ではないため、普段使いに適したファンデーションとも言えるでしょう。

使い勝手も、初心者向きではなく、分量調節や塗り方にテクニックとコツを要するので、上級者の方にお勧めするアイテムです。

肌への負担を少なくしたい時や、素肌っぽいベースメイクをしたい時に打って付けなのがウォータリーファンデーションなのです。