はじめに

猛暑が続く日々から、段々と秋の気配を感じる季節になってきました。

こんな時期に悩むのが、「ファンデーションをどうするか」ということ。

秋冬の新作ファンデが登場する中で、自分に合ったファンデーションを見つけ出すのはなかなか手間と時間がかかります。

新しいファンデーションの効能を試すには一日つけてみないと実際自身に合っているか分かりませんからね。。

TPOやあなたのライフスタイルに合わせたファンデーション選びがし易くなることでしょう!

リキッドファンデーションの特徴

 1212173top.jpg
液状のリキッドファンデーション。ボトルやチューブに入っているのが一般的であり、適量を指かスポンジ、ブラシで肌に馴染ませます。


ポイント

  • 透明感のある艶やかな肌に仕上げることに優れたリキッドファンデーションは、他の油性成分が多く配合されているファンデーションよりも、軽い使い心地を楽しめます。

また、滑らかに良く伸び、肌に密着するので、毛穴や皮膚の凹凸などのカバー力に優れ、自然に美しい肌を実現できるアイテムでもあるのです。

パウダーファンデーションと比較して油分が多めなので、潤いを保つ効果を発揮します。普通肌の人はもちろん、特に乾燥肌の人に向いており、乾燥する秋冬のシーズン使いも賢い使用方法でしょう。 
a9c808aab493080b0db899b933ce52c9.jpg


ポイント

  • 乳化タイプのファンデーションの中でも、油分よりも水分が多く含まれているため、手の平にのせた際、美容液や乳液などと同様に広がりを見せるほどの柔らかいテクスチャーが特徴です。

水分の配合量が多い、軽いテクスチャーのものほどさっぱりとした質感を持ち、素肌のようなナチュラルな仕上がりになります。

反対に、油分の配合比重が大きい、重たいテクスチャーのものほどしっかりとしたメイクに適します。

ただし、テクスチャーが重いと厚塗りになりやすく、ムラが出来てしまったり、ファンデーションが浮いて見えてしまったりすることもあるようです。

テクニックを要するため、油分の多いリキッドファンデーションは上級者向きでしょう。

そして、

ポイント

  • 化粧の持ちはリキッドファンデーションの優れたポイントの一つ。

フィニッシュにパウダーを必要とし、化粧直しが難しいデメリットがある分、崩れにくいメリットがあるのです。

使用する分量によって、ナチュラルメイクからフォーマルメイクまで、様々な質感の肌を作ることが出来ることも、リキッドファンデーションの魅力の一つでしょう。