はじめに

健康でいるために、そして美しくいるためには絶対に欠かすことのできない血行の良好さ。

しかし、女性にとって、長時間のヒール着用やエアコンの環境、長時間同じ姿勢のデスクワークなど血行が悪くなりそうな生活習慣が沢山です。

 think.jpg
今回は血行不良はどのような要因から起きるのか、そして血行不良が引き起こす健康障害や弊害はどんなものがあるのかを詳しく見て行きます。

血行不良は万病の元だと言われています。

血行が滞る生活習慣の中にある要因を知り、予防できるように役立てましょう!

 血行が滞ると起きる弊害


 face_01.jpg
血行不良の状態は、所謂「体内の各細胞組織に栄養分や酸素、水が行き渡らない」ということ。

「血液の流れが悪くなっているだけ…」

そんな風に考えていると思いもよらない健康被害に悩まされることも。

血行不良は血行障害なのです。

血行障害は万病の元になります。

そんな血行不良が引き起こす健康障害や弊害は一体どんなものがあるのでしょうか。

 血行障害がもたらす主な不定愁訴

血流が滞ってしまい、血行障害が加速してしまうと、

  • 動脈硬化
  • 静脈瘤
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 脳梗塞
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

これらは命に関わる症状や病気です。

血行障害を放っておくと、いかに健康に深刻な問題を引き起こすか分かるはずです。
 g120.jpg

注意

  • 脳の血管障害が原因で起こる脳梗塞や、心臓の心筋梗塞などは一度発症してしまうと生存率が低く、存命できたとしても障害を抱えてしまうケースも少なくありません。

血液の流れが滞ってしまえば、血液によって酸素や栄養素が運ばれず、臓器の活動の低下や機能の低下が起こるのは当然です。

そして、新陳代謝を行えずに、臓器自体がダメージを受けてしまうことになります。

 6104539_0.jpg
一刻も早く血行を促進することが健康体を保つ上では必要不可欠なのです。

参考: