はじめに

健康でいるために、そして美しくいるためには絶対に欠かすことのできない血行の良好さ。

しかし、女性にとって、長時間のヒール着用やエアコンの環境、長時間同じ姿勢のデスクワークなど血行が悪くなりそうな生活習慣が沢山です。

 think.jpg
今回は血行不良はどのような要因から起きるのか、そして血行不良が引き起こす健康障害や弊害はどんなものがあるのかを詳しく見て行きます。

血行不良は万病の元だと言われています。

血行が滞る生活習慣の中にある要因を知り、予防できるように役立てましょう!

 血行が滞る原因

健康体で美容を叶えるためには欠かせない良好な血行ですが、あらゆる素因から血液が体の隅々まで行き渡らない「血行不良」を引き起こしてしまいます。

例えば、食生活や運動不足、長時間の同じ姿勢、ストレス、寝不足、冷え、喫煙など様々な要因が挙げられるのです。

中でも・・・

 自律神経と血行の関係〜血行不良の原因〜


何故自律神経が血行に関係するのでしょうか?


自律神経は内臓の機能などの組織をコントロールする働きを持ち、血液の循環の調整にも働きかけています。


ポイント

  • 筋肉の収縮や拡張を指令し、コントロールしているのは他でもない自律神経なのです。

自律神経は交感神経と副交感神経で構成されています。

交感神経は血管を収縮させ、反対に副交感神経は血管を拡張させており、血管の収縮と拡張を調整し、血液の循環を調整しているのです。

つまり、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと循環のコントロールも乱れてしまい、血行が滞ってしまうのです。

 g120.jpg
血液の流れが滞ってしまえば、血液によって酸素や栄養素が運ばれず、臓器の活動の低下や機能の低下が起こるのは当然です。

そして、新陳代謝を行えずに、臓器自体がダメージを受けてしまうことになります。

 6104539_0.jpg
一刻も早く血行を促進することが健康体を保つ上では必要不可欠なのです。

参考: