はじめに

秋から冬にかけて気になるのは冷えやむくみ。

唯でさえ、底冷えするような寒さなのに、冷え性の人は特につらい季節ですよね。

 think.jpg
  • 足先の感覚がなくなってくる
  • 夜、足が冷えて眠れない
  • 冷えからくるむくみに悩まされている
  • むくんでブーツの脱ぎ履きが面倒
冷えやむくみから来る悩みは女性にとって死活問題です!

そんな寒い時期の定番の悩みは、その要因を突き止めてみると血行不良に行き着くことが多いのはお気付きですか?

健康を語る上で欠かせない血行は、美容や過ごしやすい健康体を作る上でも最重要項目です。

今回はそんな血行について、実態を学んでいきましょう!


 血行について

この血液を押し出し流れを作っている原動力は他でもない心臓の役割です。

心臓のポンプ機能(心拍)によって生じる圧力で、血管内における血流を促しています。

そして、血管の伸縮をコントロールしているのが、自律神経の交感神経と副交感神経です。


注意

  • 血管を縮めて血液への抵抗を大きくしてしまうと、血液の流れが悪くなり、血行不良状態になります。

↓  ↓  ↓

ポイント

  • 寒い時に手足の先が冷たくなってしまうのは、この交感神経が皮膚の表面から体温が奪われないように血管を収縮しているのが要因です。

また、血管を広げて血液への抵抗を小さくし、血行が促進された状態は副交感神経が働きかけています。


ポイント

  • 体温が高い状態で皮膚から熱を発散するような時は、この副交感神経の血管拡張が要因です。

このように血管を流れる血液量は、基本的に外気温や運動後等の体温維持を目的として自律神経の交感神経と副交感神経が血行をコントロールしています。


注意

  • しかし、心臓の収縮力や血管の健康状態から血行を阻害するような姿勢を長時間とったり、同じ体勢で長時間いること、ストレスや緊張など血管以外の要因に寄っても血流が悪くなり、血行が左右されてしまいます。
血行は健康や美容を維持するだけでなく、生命活動の要になる存在です。

健康トラブルや美容トラブルに悩んだ時、表面の問題を捉えがちですが、どんな健康不良状態も美容に関わる問題も血行なくして語ることは出来ません。

すなわち、血行を健やかに保つことがとても重要であり、血液の役割を遂行できる状態にしておかなければなりません。

血行の実態について学んだ後は、次回、血行が滞ってしまう原因や血行不良から来る弊害を取り上げ、学んでいきたいと思います。

 血行-246x174.jpg
参考: